白浜~アドベンチャーワールドの旅 その1
 さて、旅行当日、出発が会社に行く時間より早いので、
1時間ばかり早起き。
普段木曜日お休みの子にお休みを交換してもらったので、
実質の休みは金曜日の有給だけです(笑)。

 父を一人で残していくので、朝炊いたご飯がすぐになくなると可哀想と思って、
前日にお赤飯おにぎりを買っておいたので、私はそれで軽く朝食。
というか、、何も食べずに家を出るとかありえないって性質なので(笑)。
7時20分発の電車に乗るはずでしたが、
5分ほど早く出たら、前の15分発に間に合ってしまいました。

 特に問題なく町田に到着し(海老名で抜かれることもなかったので)、横浜線へ。
いやぁ、、平日の横浜線、混んでますね。
お客整理要因の駅員さんが数人いました。
普段すいてる電車にしか乗ってないので、驚きです。
(まぁ学生時代はコートは脱いで乗らないと煮えるような電車に乗ってましたが)
母が素早く空いているのは前と後ろととどっち?と聞いたら、前でしょうかと返事があったので、
一番前の車両へ。
本当はもう行っているはずの42分の磯子行に乗れたようです。
大きな荷物を持った人が乗り込んできて、もうGWかよ!!と
イラついた方もいたと思いますが、ご安心下さいね。
そんなもの弊社のカレンダーには存在してませんからwww

 時々吊革につかまれないくらい混んだりしましたが、
やはりそれほどぎゅうぎゅうになることは無く、
無事に新横浜に到着。
8時42分発ののぞみには時間があったので、
お弁当屋さんで朝ごはん(母は食べてなかったし)を買いました。
後、新大阪の乗り継ぎ時間があまり?無いので、
心配だから、ということで、先にお昼のお弁当も買っちゃいました。
横浜ということで、崎陽軒の横濱炒飯弁当と初夏弁当を購入。
手ごろな大きさで良い感じです。

 本当は、朝のワンコインサンドイッチを買いたかったんですが、
売り切れていたので、朝のおむすび弁当ワンコインを買い、
後はサンドイッチ(別にワンコインでもなんでもないのを)
買って、待合室の椅子で朝食タイム。

 私はおにぎり食べるほどお腹が空いていなかったので、
サンドイッチの母の残した分を食べて、終了。
そろそろ時間と言うことで、ホームに向かいました。



 新幹線はまぁホントに車両が長いので、
後ろまで見えません(笑)。
割と真ん中辺だったので、尚更で。
入ってくる新幹線撮ろうとしたりしましたが、
必ず人が横切るので結局撮れませんでした。

 新大阪までおよそ2時間。
朝買ったおむすび弁当の残りを食べたり、
旅行の為に(笑)買った本を読んだり、音楽を聴いたり、
車内販売で目的のフリアンディーズ(クッキーの詰め合わせ)買ったり。
後、静岡フェアやってますとのことで、
もう一回来た時に、新幹線アイス(いちご)食べました。
うん、、確かに堅そうだった、というか、母が先に食べてて
残りをもらったんですが、
10分ほど置いてから食べてくださいって言われて、5分程度で食べ始めたら、
あんまりスプーンが通らない様子でした(笑)。
私は母が飽きた(笑)後に食べたので、すっかり食べごろでしたが。

 アイスを食べ終わって間もなく新大阪に到着。
次はくろしおに乗換ですが、切符2枚をどう入れたらいいのか分からず、
何回か入れなおしたり(笑)。
あれをスムーズに使えるようになると旅慣れてる感じがしますね。
そもそも横浜市内から白浜まで乗車券の使い方が分からないで、
ネットで調べたくらいですから。
(先に新幹線とその乗車券を入れてからパスモをピするといいと。
そうすると町田から長津田までの料金しか取られないって書いてあったので)

 駅員さんも2枚入れてください~だけじゃどの2枚か素人は分かんないんですよって
感じなんですけど、まぁ忙しそうなので致し方ないかとは思います。

 お昼は既に手に入れているので、乗換にあまり時間もないし、
と言うことで、ホームへ。
先の電車はるかぜだかはるなんとかいう電車を見送って、
くろしおに乗車。
時刻表の裏側がサンダーバードだったので、母が乗りたい!とか
言ってましたが、、。別に金沢方面に行きたい訳ではないみたいです(笑)。

 くろしおは車内販売も自販機も無いということで、
ちゃんとお茶を2本用意して乗りましたが
(元々持って行った紅茶と朝のおむすび弁当についていた緑茶)
それなりに快適な時間でした。
なにせそんなに人が乗ってなかったので(笑)。
 
 朝のうちに買っておいたお昼を食べ、
寝たり、本を読んだりしておりましたが、旅行の為に買った本は
字が大きめだったために読み終わりそうになってしまって
途中で止めました(笑)。

 途中で車掌さんが見どころの紹介をしてくれたりして、
地方の電車(というか特急)らしいなぁと思ったり。
海が時々近くに見えて、津波が来たらこう逃げる的な
パンフレットが座席のところに挟まっていたのが、
納得できる感じでした。

 2時間半近く経って、ようやく白浜駅へ到着。
自動改札も無いので、ちょっと驚きです。

 鞄をホテルまでお届けサービスって言うのがあったんだけど、
受付が1時半までということで、ちょっと過ぎていたので、
無理だろうということで、とりあえずバスのフリーチケット(2日分)だけ買いに行ったんですが
(行くところを聞かれて答えたら、色々割引券をつけてくれました)、
この電車まではオッケーです、と言われたので、慌てて鞄を二人分預け、
身軽になってバスでまずはとれとれ市場へ出発です。

続く。
[PR]
by buravana-monchy | 2017-05-01 22:48 | 旅行 | Comments(0)
<< 白浜~アドベンチャーワールドの... 白浜~アドベンチャーワールドの... >>